すごいや速報

http://sugoiyasokuhou.doorblog.jp/



カテゴリ:VIP(2ch.sc) > 世界・海外

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2018/04/13(金) 18:16:50.43 ID:QuYVrba30 BE:416336462-PLT(12000)
【4月13日 AFP】2018年の「世界報道写真(World Press Photo)」コンテスト大賞に、フランス通信(AFP)の写真記者ロナルド・シュミット(Ronaldo Schemidt)氏が撮影した、炎に包まれる覆面のデモ参加者の写真が選ばれた。
南米ベネズエラの首都カラカスで昨年5月に撮影されたこの写真は、ニコラス・マドゥロ(Nicolas Maduro)大統領に対する抗議デモと警察機動隊の衝突の場面をとらえたもの。
審査員からは、「炎上する」ベネズエラを象徴する写真で、一目見て感情が揺さぶられると評価された。
シュミット氏はメキシコを拠点にカラカスの抗議デモを取材していた。
受賞作の被写体であるビクトル・サラザル(Victor Salazar)さん(28)は、他のデモ参加者らと共に警察のオートバイを壊そうとしていたところ目の前で燃料タンクが爆発し、炎に包まれた。
「背後で爆発が起きたのが分かった。熱を感じて振り返った瞬間にはもうシャッターを切っていたが、何が起きているのかは見ていなかった」とシュミット氏は語っている。
世界報道写真財団によると、サラザルさんはやけどを負ったものの命に別状はなかったという。
このほかAFP通信からは、「スポーツの部」単写真1位に英ロンドンを拠点とするオリバー・スカーフ(Oliver Scarff)通信員が、
「スポットニュースの部」組写真3位にカラカスを拠点とする写真記者フアン・バレト(Juan Barreto)氏が入選した。(c)AFP/Jan HENNOP

http://www.afpbb.com/articles/-/3171067
大賞
no title

その他の写真はこちら
https://www.worldpressphoto.org/collection/photo/2018

2: 名無しさん@涙目です。(茸) [CH] 2018/04/13(金) 18:17:37.08 ID:SasmFCqC0
ゲームみたいだな

3: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/04/13(金) 18:17:51.08 ID:NqlhZCHh0
可哀想

7: 名無しさん@涙目です。(茸) [ニダ] 2018/04/13(金) 18:19:13.65 ID:Fp0b1Th80
被写体のその後はどうなったの

この記事を読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] 2018/04/07(土) 21:29:47.89 ID:0q4r8jur0● BE:601381941-PLT(13121)
「コンドームを鼻から吸い、口から吐く」 若者の危険な「チャレンジ動画」に専門家が警鐘

欧米の若者がSNSに投稿している「チャレンジ動画」が物議を醸している。

いま問題視されているのは、避妊具のコンドームを鼻から吸い込み、口から吐き出すという「チャレンジ」。
SNSで「いいね」や視聴回数を稼ぐための、危険性を顧みない行動に専門家は警鐘をならしている。

Girl Snorting Condoms
https://www.youtube.com/watch?v=WQjFHaDG7Qw



この「コンドーム吸い込みチャレンジ」は数年前にも流行していて、最近また復活した。専門家たちは、
とても危険な行為だと警告している。

「(チャレンジでは)物体を鼻から通そうとしていますが、鼻は口、気管につながっています。窒息する危険が
あります」とアマー・アリ医師はCBSニュースに語る。

また、ロバート・グラッター医師も「鼻道や副鼻腔には、特別な細胞があります。コンドームのような物体が
入ってしまうと、細胞がダメージを受け、細菌感染症や真菌感染症になる可能性があります」と危ぶむ。

コンドームチャレンジのような危険な行為が、十代の若者たちの間で流行するのは珍しいことではない。
2018年初めには、衣類用洗剤「タイドポッド」を噛み砕いて吐き出す「タイドポッドチャレンジ」が十代の
若者たちの間で流行したばかりだ。

危険行為とソーシャルメディアの関係性を指摘する専門家もいる。

親たちにアルコールと薬物の防止を教えるスティーブン・エンリケス氏は、テキサス州・サンアントニオの
テレビ局KABBにこう語る。

「最近、ティーンエイジャーたちは、いいね!や視聴回数や、フォロワーの数を増やすために何でもやります。
私たち専門家は、生々しい動画ほど両親に見せないといけません。十代の若者たちはインターネットで
チャレンジを探し、自分でもやってみようとするからです」

https://www.huffingtonpost.jp/2018/04/02/condom-challenge_a_23401328/

2: 名無しさん@涙目です。(家) [US] 2018/04/07(土) 21:30:45.33 ID:KZwUCPwO0
出川ならやってくれる

6: 名無しさん@涙目です。(茸) [NZ] 2018/04/07(土) 21:31:48.07 ID:Xen3ieCM0
あのゴム臭によく耐えられるなw

7: 名無しさん@涙目です。(広島県) [GB] 2018/04/07(土) 21:32:29.98 ID:okA2X4za0
深刻なバカ度合い

この記事を読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 風吹けば名無し 2018/04/07(土) 13:27:58.81 ID:rxmelVuE0
米国で行われた社会学的調査によると、18歳から24歳の青年のうち、地球が球体であることを確信していると答えたのは66%に留まった。
残りの人はこれを疑っているか、地球が氷の壁に覆われた平面だと信じている。

ここ数年で、米国では地球平面説を信じる人が急増しており、SNSで活発に意見を広めている。
科学系サイト「Live Science」は世論調査の結果について、地球平面説の支持者の大部分は高校生と大学生だと指摘。

地球が球体であると確信していると答えたのは、18歳から24歳の66%に対して25歳から34歳で76%、35歳から44歳では82%、45歳から54歳では85%となった。
最も進歩的な年齢層は55歳以上で、地球が球体だと答えた回答者は94%にのぼった。

https://jp.sputniknews.com/us/201804074752475/
no title

3: 風吹けば名無し 2018/04/07(土) 13:28:24.10 ID:MSt+B7AAM
全然進化してねえな

5: 風吹けば名無し 2018/04/07(土) 13:29:01.33 ID:JJUW5f8+0
常識を疑え

6: 風吹けば名無し 2018/04/07(土) 13:29:10.16 ID:zOSqELm+0
何を根拠にして言ってるんや

この記事を読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 風吹けば名無し 2018/03/30(金) 06:40:49.06 ID:MCpjhHiRd
 カナダ・ケベック州で、宝くじを初めて購入した女性が当選し、生涯にわたり毎週1000カナダドル(約8万2000円)を受け取る権利を得た

no title


https://www.cnn.co.jp/m/fringe/35116914.html

2: 風吹けば名無し 2018/03/30(金) 06:41:22.21 ID:MCpjhHiRd
羨ましいンゴ

5: 風吹けば名無し 2018/03/30(金) 06:43:11.95 ID:oliCwbYa0
年間で400万か

11: 風吹けば名無し 2018/03/30(金) 06:44:15.87 ID:W2WYABGY0
めっちゃええやん

この記事を読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 風吹けば名無し 2018/03/29(木) 20:16:32.52 ID:KE3MDMTN0NIKU
すごE
no title

no title

この記事を読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 名無し募集中。。。 2018/03/25(日) 19:32:36.89 0
no title

no title

2: 名無し募集中。。。 2018/03/25(日) 19:33:57.95 0
いいね

3: fusianasan 2018/03/25(日) 19:34:05.19 0
ノーチェンジ

4: 名無し募集中。。。 2018/03/25(日) 19:35:13.58 0
事故を誘発するだろけしからん
もっとくれ

この記事を読む

このページのトップヘ